文化庁メディア芸術祭名古屋展 あそびのダイナミクス~こころのインタラクション
令和4年9月3日(土)~9月19日(月・祝)17日間(午前11時~午後5時)

文化庁メディア芸術祭名古屋展あそびのダイナミクス~こころのインタラクション エンターテインメント

エンターテインメント
石巻のこどもたち、岩井澤健治、川村真司/Hal Kirkland/Who-fu、くろやなぎてっぺい、新海岳人、『らくがきAR』制作チーム
第23回 エンターテインメント部門 U-18賞
「まほう」
石巻のこどもたち(代表:酒井理子)
ISHINOMAKI NO KODOMOTACHI

「石巻の子どもたちとアートを作ろう」プロジェクトとして、宮城県石巻市の子どもたち9人を中心に、クリエイティブ集団goen°によるディレクションのもとで製作された映像作品。「震災で一度失ったからこそ、また新しいものがつくれるのではないか」という思いのもと、夢や理想を描いた絵やオブジェを撮影し、アニメーションに使用するなどして、小林武史とSalyuによる楽曲「魔法」にのせた映像作品に仕上げた。(文化庁メディア芸術祭受賞作品アーカイブより)

※エンタメ・アニメシアター会場にて上映。

石巻のこどもたち「まほう」

第24回 エンターテインメント部門 大賞
「音楽」
岩井澤健治/IWAISAWA Kenji

「音楽」は7年半という長い制作期間だったため、その苦労ばかりがピックアップされますが、心掛けたのはエンターテイメントとして楽しめる作品で、明解にも難解にもならないようにすることでした。
今までの長編アニメーション映画ではあまりなかった表現だったりするので、とっつきにくいかもしれませんが、そこも楽しんでもらえれば幸いです。(岩井澤健治)

※エンタメ・アニメシアター会場にて上映。

岩井澤健治「音楽」

第13回 エンターテインメント部門 大賞
「日々の音色」
川村真司/Hal Kirkland/Who-fu
KAWAMURA Masashi/Hal Kirkland/Who-fu

SOURの「日々の音色」という楽曲のために制作したミュージックビデオ。すべてのキャストをWebカメラを通して撮影し、それを編集することで、繋がれないような人同士がインターネットを通してつながれる喜びをシンプルに表現しています。(川村真司/Hal Kirkland/Who-fu)

川村真司/Hal Kirkland/Who-fu「日々の音色」

第19回 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品
「あいうえお作文 RAPプロジェクト」
くろやなぎてっぺい(NOddIN)/KUROYANAGI Teppei

この企画は音楽という切り口で、誰もが「平和を広告する」プロジェクトです。「へいわをねがう」という7文字の言葉であいうえお作文し、ラップで歌い上げる。みんな人生初ラップ!!子供だって、おっちゃんだって、おばあちゃんだってアーティスト。

企画・監督 くろやなぎてっぺい
プロデューサー 高橋聡/半田昌志
カメラマン 土田祐介
音楽監督 太田昌孝
ウェブデザイナー 佐藤ねじ
エンジニア 佐々木晴也
ロゴデザイン 鈴木ちひろ
GIF動画 中森源
楽曲提供 太田昌孝/kouta nishihira/食品まつり

スペシャルサンクス
丹下紘希/ショウダユキヒロ/岡本亮治/
安江沙希子/杉浦戦/川崎洋平/
安彦恵里香/ノセレーナ/いわもとちぐさ/
新川未久/大濱悠介/佐藤孝一/
南雲美和子/園山智子/岩崎淳一

NOddIN・スペースシャワーTV

くろやなぎてっぺい(NOddIN)

第23回 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品
「あはれ!名作くん」
新海岳人/SHINKAI Taketo

「名作」という子供にもわかりやすいテーマから入り、大人も楽しめるハイセンスな笑いを届けるショートアニメ。
「広い層が」「手軽に」「笑える」というのが作品のモットー。そしてその精神は、「NHK Eテレ」と「YouTube」という2つの放送メディアにも表れている。
結果、YouTubeチャンネルは4億回以上の再生数を記録するなど、人気も絶大。「現代の名作」を目指し、毎週新作アニメを更新し続けている。(新海岳人) 

新海岳人「あはれ!名作くん」

第24回 エンターテインメント部門 優秀賞
「らくがきAR」
『らくがきAR』制作チーム・Whatever Inc.
“RakugakiAR” Production Team・Whatever Inc.

みんなが思い描いていた「じぶんの描いたものに命が吹き込まれたら…」という想いを具現化させたアプリです。ノートやホワイトボード、どこに描いたらくがきでも、このアプリでスキャンすると命が吹き込まれ、スマートフォンを通してバーチャル空間を歩きだします。ご飯をあげたり、つっついたり、命を吹き込んだらくがきにちょっかいを出してみましょう。(『らくがきAR』制作チーム・Whatever Inc.)

らくがきAR


^